XenduranceのアスリートであるYvonneVanVlerkinは、3番目のチャレンジロースを主張しています

の上 July 16, 2015

「Xenduranceアスリート、YvonneVanVlerkinが3番目のチャレンジロースを主張」

フィニッシュラインの目、Xenduranceアスリート Yvonne Van Vlerkin は、先週末8:50:53のタイムで3度目のチャレンジロースタイトルを獲得しました。

週の初めに虫刺されに対して一見ひどい反応を示した後、レースが台無しになるかもしれないと思っていたヴァンヴラーケンは、勝利を収めて喜んでいました。

今日は一言だけだと思います。感謝の気持ちです」とヴァン・ヴラーケンは言いました。 「状況が良くなくても、組み立てることができてとてもうれしいです。週の初めに蜂に刺されて熱が出るまでは本当に気分が良かったです...観客はそうしませんでした」私を歩かせてください、私が望むたびに、彼らは私に続けていくように叫びました!彼らは私を運びました。 "

イボンヌは、シュヴァルツァッハ/オーストリアに居住するオランダのプロトライアスリートであり、トライアスロンとデュアスロンの長距離および中距離で世界最高の女性アスリートに属しています。

フライングブロンドダッチガール、または「ダッチダイナモ」とも呼ばれる彼女のコーチSiri Lindleyは、猛烈なペースで世界中で競い合っています。元世界およびヨーロッパチャンピオンのデュアスロンとして、イボンヌは2007年にトライアスロンシーンに突入し、8.51の時間でチャレンジロースでの彼女の最初の長距離レースに勝ちました。これは、イボンヌがxendurance製品を使い始めた頃でもありました。それ以来、イボンヌは多くのアイアンマンとアイアンマン70.3レースで優勝し、3つの世界記録、アイアンマン、アイアンマン70.3、パワーマンを獲得しました。