あなたは一日に十分な水を飲みますか?

の上 February 13, 2022

外には3フィートの雪があり、火の前で毛布に包まれています。あなたは暖かくとどまろうとしていますが、突然あなたは頭痛があることに気づきます。おそらくもっと水が必要です!はい、外は寒いですが、どのような気候でも脱水症状になる可能性があり、それが頭痛の原因となる可能性があります。そして、読み続けると、最も水分補給が必要な冬がなぜあるのかがわかります。

なぜ水が必要なのですか?

水が体を冷やして毒素を放出するのを助けることをご存知ですか?それはまたあなたの肌を新鮮に見せ続け、それは人々があなたをどのように認識するかに大きな違いをもたらすことができます。水を飲むことは、水分補給と健康を維持するための最良の方法です。私たちは皆、たくさんの水が必要です!

水は細胞、組織、臓器を調節し、最適な状態で機能します。ちなみに、生き残るためには水が必要です。ここに水を入れるべきだと思っただけです。

水を飲む4つの重要な理由は次のとおりです。

  1. 水はあなたの体から毒素を取り除きます。老廃物を洗い流し、腎臓の機能を維持するのに役立ちます。
  2. 水はあなたの鼻、口の皮膚、目、さらには関節さえも滑らかにします。
  3. 水は体温を正常に保ち、熱ストレスを軽減します。
  4. 水は脱水症状を防ぎます。脱水症状になると、頭痛を引き起こし、エネルギーを奪う可能性があります!

水は肌の外観を助けますか?

水は肌のためにできる最高のことの1つです。それはそれを感じて新鮮に見せ続けるのを助け、それは人々があなたを健康であると見なすのを助けます-大きなプラスです!

どのくらいの水を冷やす必要がありますか?

水分摂取量は、外の暑さによって異なります。またはそれがどれほど寒いのか…。天気が本当に暖かいとき、あなたの体はあなたを冷やすのを助けるためにもっと汗をかきます。汗で失われているすべての水を補充するために、余分な水を飲む必要があります。

実際、冬にはたくさんの水を飲むことがより重要です!寒いときは血管が収縮し、血液が四肢に自由に流れるのを防ぎます。冬には空気も乾燥し、体の喉の渇きの反応が低下します。外が寒いときは、服を重ねると自然に汗をかき、知らないかもしれません。尿が濃い黄色の場合は、脱水症状を示している可能性があります。 -だから飲み始めてください!

毒素を放出するのにどれくらいの水が必要ですか?

年齢、サイズ、活動などの多くの要因に基づいて、おそらくすべての人にとって異なります。水はあなたの体から毒素を洗い流すのを助けます、そしてあなたが毒素を放出することができないならば、それらは蓄積してあなたを気分が悪くなる可能性があります。毎日たくさんの水を飲むと、体が健康で適切に機能し続けるのに役立ちます。

1日に必要な水量は?

必要な水の範囲は人によって異なります。水の量は、誰かがどれだけアクティブか非アクティブかによって異なります。水の必要量は、外の高度と温度によっても異なります。女性は1日11杯、男性は1日15杯が必要だと勧める人もいます。 1日8杯の水と言う人もいます。男性の場合、医学研究所(IOM)は、毎日合計13カップ(約3リットル)の水分を推奨しています。女性の場合、毎日9カップ(2リットル強)の水分を摂取することをお勧めします。

私たち全員が1日あたりたくさんのの水を必要とし、毎日の水分摂取量を測定する方法を考案し、飲み続けることを忘れないようにする必要があることに同意しませんか?

スポーツドリンクは水と見なされますか?

つまり、スポーツドリンクを飲む場合、これは1日の水分摂取量にカウントされますか?

ほとんどのスポーツドリンクは、電解質の代わりに宣伝されています。多くは電解質と一緒に砂糖を含んでおり、乳酸などのエネルギー源を含んでいるものもあります。ただし、このタイプの水分は、毎日の水分摂取量の一部としてカウントされるべきではありません。特に、一部のスポーツフォーミュラにカフェインが含まれている場合、カフェインは利尿剤です。フルーツジュース、コーヒー、お茶、朝のシェイクについても同じことが言えます。まだ普通の水が必要です。

どの食品に水分が含まれていますか?

スイカ、マスクメロン、イチゴ、きゅうり、ピーマン、セロリ、キャベツ、ズッキーニは90%以上の水で構成されています。あなたはこれらを水源として主張することができますが、なぜあなたの1日あたり8杯以上の水を手に入れることを強調しないのですか?これらの食品は、追加の水分摂取源と考えることができます。

水なしでどれくらい生き残ることができますか?

人体は約60%が水分です。脱水症状は体重の10%以上の減少を引き起こす可能性があり、これは救急疾患と見なされます。食事なしで約3〜4週間、水なしで2〜4日しか行けません。そして、汗をかいたり、トイレに行ったり、息を吐いたりすると、体は常に水分を失っています。

だから、なしで行くことさえ考えないようにしましょう。水分摂取量を追跡し、水分補給と健康維持に集中しましょう。ウォーターボトルを車に入れ、1つを机の上に一日中置いておきます。そして、詰め替え品を用意しておきましょう。

Liquid error: Could not find asset snippets/wisepops-generated.liquid